EN/JP

傾斜地の別荘   

 ここは45度近い急峻なところで、笹の葉のように細長く先端のとがった形をした敷地です。
この敷地を見てまず感じたことは、ここの土地に基礎を造りその上に建物を建てれば、細長い敷地で奥行きもないため、上の道路に近接して建つことになってしまい、プライバシーが保てなくなりそうですし、基礎を造る為に根伐をすれば、これも狭い敷地幅のため斜面全体に影響を与えかねないことになり、安全上、景観上好ましい結果にはならないと感じました。
そこで、思い切って傾斜面をL型の断面にカットし、しっかりとした平らな地盤をつくることにしました。
出来上がった土地は廻りの斜面に囲われた新たな地盤面と大きな擁壁に囲まれたステージのような空間が出現しました。
ここに敷地の形を写したパーゴラ状の屋根を掛け、その下で楽しい別荘での生活が展開するよう計画しました。

上の階には入り口と、居間、そしてテーブルを兼ねた大きなキッチンカウンターがあります。開放的な空間で緑を満喫した生活が楽しめます。
この居間のテラスの先には階段があり、ここを降りると広いテラスにでます。このテラスには薪をたいて煮炊きをする大きなファイアープレイスとアウトサイドキッチンがあり、大人数が集まって料理をしながらパーティーできる外部空間です。今回の計画ではこの外部空間が生活の中心になるよう設計しました。このテラスの隣には浴室があり、扉を開け放ち、外の空気を吸いながらジャクージを楽しむこともできる空間です。
大胆な根伐をした結果、斜面地でしかできない、楽しい空間ができたように感じています。


 ここは45度近い急峻なところで、笹の葉のように細長く先端のとがった形をした敷地です。
この敷地を見てまず感じたことは、ここの土地に基礎を造りその上に建物を建てれば、細長い敷地で奥行きもないため、上の道路に近接して建つことになってしまい、プライバシーが保てなくなりそうですし、基礎を造る為に根伐をすれば、これも狭い敷地幅のため斜面全体に影響を与えかねないことになり、安全上、景観上好ましい結果にはならないと感じました。
そこで、思い切って傾斜面をL型の断面にカットし、しっかりとした平らな地盤をつくることにしました。
出来上がった土地は廻りの斜面に囲われた新たな地盤面と大きな擁壁に囲まれたステージのような空間が出現しました。
ここに敷地の形を写したパーゴラ状の屋根を掛け、その下で楽しい別荘での生活が展開するよう計画しました。

上の階には入り口と、居間、そしてテーブルを兼ねた大きなキッチンカウンターがあります。開放的な空間で緑を満喫した生活が楽しめます。
この居間のテラスの先には階段があり、ここを降りると広いテラスにでます。このテラスには薪をたいて煮炊きをする大きなファイアープレイスとアウトサイドキッチンがあり、大人数が集まって料理をしながらパーティーできる外部空間です。今回の計画ではこの外部空間が生活の中心になるよう設計しました。このテラスの隣には浴室があり、扉を開け放ち、外の空気を吸いながらジャクージを楽しむこともできる空間です。
大胆な根伐をした結果、斜面地でしかできない、楽しい空間ができたように感じています。


所在地:
神奈川県鎌倉市
用途:
別荘
構造:
鉄筋コンクリート造,一部鉄骨造
延床面積:
1115.8m²
設計:
矢板建築設計研究所
統括:
矢板久明 矢板直子