EN/JP

平林邸   

 築40年以上経つマンションのリノベーションです。
この住戸はメゾネット形式の構成になっており、上階が玄関とLDK、下の階が寝室、子供部屋、水廻りとなっています。
以前はLDKの入り口側にキッチン( 写真A )、窓側にリビング( 写真B )という一般的な構成でしたが、思い切ってキッチンを窓際に、入り口側はベンチシートを中心としたリビングダイニングにという当初とは全く反対の配置にしました。こうすることで湿気の溜まりやすかったキッチンは、風通しの良い明るいキッチインに変身し、入り口側のリビングダイニングは落ち着いた居心地の良い場所になりました。課題となる設備の改修は、長かったキッチンの換気扇ダクトは短くし、より効率的にし、排水管はベンチシートの下を通して基の配管系統に合流させて解決しています。
使用材料は丈夫な家具にフィンランドバーチをオスモカラーで染め、木目を浮き立たせ、対比的に黒の座面と明るい茶系〜渋いオレンジの生地でクッションを設えました。

改修前写真
左 写真A : 玄関側
右 写真B : 窓側

 築40年以上経つマンションのリノベーションです。
この住戸はメゾネット形式の構成になっており、上階が玄関とLDK、下の階が寝室、子供部屋、水廻りとなっています。
以前はLDKの入り口側にキッチン( 写真A )、窓側にリビング( 写真B )という一般的な構成でしたが、思い切ってキッチンを窓際に、入り口側はベンチシートを中心としたリビングダイニングにという当初とは全く反対の配置にしました。こうすることで湿気の溜まりやすかったキッチンは、風通しの良い明るいキッチインに変身し、入り口側のリビングダイニングは落ち着いた居心地の良い場所になりました。課題となる設備の改修は、長かったキッチンの換気扇ダクトは短くし、より効率的にし、排水管はベンチシートの下を通して基の配管系統に合流させて解決しています。
使用材料は丈夫な家具にフィンランドバーチをオスモカラーで染め、木目を浮き立たせ、対比的に黒の座面と明るい茶系〜渋いオレンジの生地でクッションを設えました。

改修前写真
左 写真A : 玄関側
右 写真B : 窓側

所在地:
東京都
用途:
専用住宅
設計:
矢板建築設計研究所
統括:
矢板久明 矢板直子
施工:
坂井工務店
写真:
矢板建築設計研究所